東京都江東区のネイルサロン・ネイルスクールなら『マユネイル』 随時生徒募集中!

江東区木場のネイルサロン マユネイル

ネイルサロンってどんな所?

目指すのは「あるべき姿のネイルサロン」

〜スルーしがちな爪ケアこそ大切に〜

「ネイルサロン」と聞くとほとんどの方が「爪に色を付けるところ」をイメージすると思いますが、実は本来の役割は「手足のお手入れをして健康状態も整えていくところ」です。
発祥の地アメリカのニューヨークでは、ネイルサロンに通うのは色付けや装飾を目的とした若い女性だけではありません。

爪を整えることはもちろん、手足のリラクゼーションのためだったり、ささくれ予防や噛み癖を治したい人も利用していて、男性やお年寄りの姿もよく見かけます。

美容院や病院などと同じように定期的なケアをするための場所。それが本来あるべきネイルサロンの姿なんです。

「ベースを整える」から爪のオシャレを始めよう

~爪を作る身体のことも考えて~

爪も含めた手足先のケアは身体全体の健康とも密接に関わっています。
血液やリンパ液が体中をスムーズに流れていくためには筋肉が必要だといわれています。筋肉は収縮機能があって体のいろいろなところでポンプの役割を果たしてくれますが、凝り固まって十分に機能しなければ効果的な循環は期待できません。肩こりや冷え性、浮腫みの原因になりかねないわけです。

ネイルサロンでは、神経の集まる手のひらや足をマッサージすることで体全体の筋肉を刺激し、血液やリンパ液が体中をスムーズ流れるお手伝いをします。一見、爪のケアと無関係なようにも思えますが、爪も体から作られるもの。
資本となる体から整えておくことは、最終的に爪の色の乗り方や装飾の持ちようにも大きな違いとなって表れてくるんです。

そのため、爪を見れば睡眠不足やストレス、内臓器官のSOSなど健康状態がわかることもあります。早めに見つけることができれば、病院で早期の治療につながることもあるわけです。
ネイルサロンは単に色付けや装飾をするのではなく、ベースとなる体と爪を整えた上で指先を彩るお手伝いをするもの。
マユネイルはそうした部分を大切にお客様と向き合っています。

江東区にあるアットホームなネイルサロン。マユネイル
Powered By 江東区時間江戸川区時間墨田区時間